明るく、機能的で、美しい間接光(間接照明)を取り入れる方法

間接照明は空間に艶を与え魅力的にしてくれるアイテムですが、明るさが十分確保出来ず機能的ではない場合があります。

空間は暗くなれば、雰囲気がよく見える傾向がありまが、それは、非日常感が感じられるためで、暗くなる=美しいとはなりません。

照明や太陽の「光」は、その部屋を単に照らすだけでなく、空間の印象やヒトの感情にも大きな変化を与えるものです。

照明や太陽の光の建築への取り込み方を理解することで、その空間に合わせた光のデザインにより、明るく、機能的で美しい間接光を取り入れた空間をつくることに繋がります。

pinterest
目次

間接光や間接照明の、間接的な光の魅力

太陽や照明の光を直接入れるのではなく、一度どこかに跳ね返らせた光を取り入れる方法が、間接光、間接照明となります。

一度どこかに跳ね返った光は、直接的ではないため、光が柔らかくなる傾向があります。

また、間接的に光を入れることで均一な光とは異なり、グラデーション的に光が広がり、立体感が生まれ深みを感じられる空間となります。

太陽の光を一度跳ね返らせてから間接的に取り入れる

pinterest

太陽光はフルスペクトル光と言われ、すべての色の光をほぼ均等に含んでいると言われています。

また、太陽光は50,000~100,000ルクス、曇りでも10,000ルクス程度の明るさがあると言われています。

照明器具に比べてはるかな光のパワーがあり強いコントラストをつくることができるのも特徴の一つです。

ヒトの視覚に馴染みがあるこの太陽の光は、天候や時刻、季節など、その変化の意味を本能的に理解することになります。

このヒトに馴染みのある太陽の光ですが、直接的に建築室内に取り込むと、紫外線による内装材だけでなくヒトへの影響もあります。

一旦、外部の植栽や床、壁などへ跳ね返らせてから室内へ間接的に取り込むことで、強い光が緩和され、優しい印象を与えることが出来ます。

北向きの窓は、外部の環境を一旦跳ね返らせた間接光です。住宅では、北向きはあまりよいイメージがないかもしれませんが、意外と北向きの部屋は太陽光の間接的な光を安定して取り込むことができるいい面ももっています。

ただし、太陽光の場合入ってくる方角によって、光の色味がやや異なります。

北面は、寒色系の光、南面や西面は暖色系の光が入ってきます。
光を入れたい室用途によって操作すると、より効果的となります。

pinterest

間接照明を効率的に取り入れる方法

pinterest

照明器具自体を見えないよう建築を操作することで、照明器具が見えない光だけでその空間が包まれる非日常感を作り出すことが出来ます。

ヒトは本能的に、光源(照明器具)のあるところまでを空間として意識するため、光源を隠すことで、光の先を勝手に奥行きと捉えることで、空間のとらえ方が広がります。

狭い空間となる廊下やトイレに間接照明を取り込むことで、実際の広さより奥行きを感じさせることが出来ます。

また、リビングなどの見せ場となる空間では、垂直方向に奥行きを感じさせたいのか、水平方向に広がりを感じさせたいのかによって、間接照明から入ってくる方向を調整することで、空間の奥行き感を操作することが可能となります。

あえて光源(太陽の直接的な光や照明器具)を表して効率的で魅せる光の空間の作り方

光を隠す間接的な光とは対照的に、直接光源を魅せる手法もあります。

光を計画する場合、建築家や照明デザイナーは「太陽の直接光の取り入れ方」、「アンビエント照明」、「タスク照明」、「アクセント照明」を意識してデザインしています。

トップライトやハイサイドライトを使った劇的な光の演出

pinterest

太陽の光は非常にパワーがあり、トップライトやハイサイドライトから直接入れることで劇的な空間をつくることが可能です。

ただし、パワーがありすぎるため、まぶしさや内装建材への影響を十分に検討し、影響のない範囲を狙って取り入れる必要があります。

アンビエント照明

アンビエントとは、空間全体を均一に明るくする照明のことを示します。

その空間の全体的な明るさとムードを決定つける照明で、住宅ではこのアンビエント照明だけで殆どの部屋がつくられています。

pinterest

タスク照明

pinterest

アンビエントの全体を照らす照明に対して、必要な部分だけを照らす照明がタスク照明です。

例えば、デスクライトがそれに当たります。

デスクの必要照度をタスク照明で確保出来れば、全体を照らすアンビエント照明の照度を落として、全体を落ち着かせた照明計画が可能となり、また、照明器具は増えますが、全体的に照度を落とすことでランニングコストを抑えた効率的な照明計画となります。

アクセント照明

pinterest

名前の如く、空間にアクセントを加える照明です。

シャンデリアなどは、それに当たります。商業施設等では、デザイン性の高い照明器具の配置でアクセント照明をアンビエント照明に兼ねる方法もあります

また、ホテルの廊下にはやや照度を抑えたアンビエント照明があり、室番号だけを明るく照らしたアクセント照明で演出しているところがあります。

照明と太陽の光を明るく、機能的で、美しく取り入れる方法

照明と太陽の光の建築への取り込み方は、効果的に操作することが出来れば、美しい空間をつくるだけでなく、人の感性にも届くものとなり得ます。

太陽の光は、コントラストと様々な色味を活用し、間接的に建築内に取り込むことで非常に効果的なものとなります。

また、照明計画では、間接的に取り込むだけでなく、アンビエント、タスク、アクセントを意識して上手く組み合わせることで効果的にその空間を演出することが可能となります。

そんな目線で、美しいと思われる空間を見ると見え方が変わってくるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・一級建築士
・インテリアプランナー
幼少期から大学までは和歌山の実家で田舎暮らし。
大手ハウスメーカーで累計約40棟の住宅を技術営業として担当。
その後、組織設計事務所に転職し、学校・庁舎・道の駅・公民館・発電所等の主に公共建築物の設計に携わる。
現在は組織設計事務所に所属し、日々建築設計業務に取り組む傍ら、建築系webライターとして建築に関わるマニアックな情報から住宅購入に関わる内容まで幅広く発信している。
和歌山から、大阪、東京と住まいを移し、また和歌山戻り、田舎に自邸を建てる。

コメント

コメントする

目次